mv_icon_2
変わりゆくニーズに対応
ゴミ屋敷や特殊清掃はプロにお任せ
mv_icon_1
施工事例3
AdobeStock_194953001
チェックリスト

About

古くなった家を今のニーズ通りに改装

家は単なる建物ではなく、家族の思い出が詰まった大切な場所です。その家を、時代の変化や家族のライフスタイルに合わせて最適化するのが、横浜市のプロのリフォーム会社の役目です。内装のリニューアルから外装の改修、さらには庭の造園まで幅広く対応。特にキッチンや浴室、トイレなどの水回りのリフォームには自信を持っております。また、古くなった家を現代のスタイルに合わせてリノベーションすることも得意としています。最新の設備や機能を取り入れつつ、家の歴史や個性を大切にすることで、新しい生活の舞台を創出します。
Service

業務内容

ハウスメーカーに劣らない信頼感と品質

ライフ・クリエイションは個人様、オーナー様からのリフォーム実績が多数ございます
  • AdobeStock_93582813

    リフォーム・リノベーション

    住まいの内・外観をきれいに新しくしたり、模様替えをいたします。
  • マンションの屋上防水工事を行うスタッフ

    防水工事

    水が建物の内部に入り込むのを防ぎ、建物の強度を保ちます。
  • AdobeStock_303435066

    塗装工事

    表面に塗料を塗り、建物を風雨や日光などから保護したり錆を防防止いたします。
  • 解体工事

    解体工事

    建物に余計な負荷を与えないよう、安全な工法で解体いたします。
  • AdobeStock_87799810

    水回りのリフォーム

    水を頻繁に使用する水回りは、家の他の箇所に比べて劣化が早いといわれています。
  • AdobeStock_150968345

    エクステリア・外構工事

    建物の外の空間に必要な構造物の設営、住まいとして使いやすくするため地面を整備いたします。
  • pixta_19535082_M
    Concept
    お客様に寄り添いながらの
    物語づくり
    家は家族の絆や思い出が詰まった存在です。現代の生活スタイルにフィットするキッチンや心地よいバスルーム、温かなリビングは、その物語をさらに魅力的に仕上げます。
  • AdobeStock_97687676_R
    Recruit
    一緒に働ける仲間を
    幅広く募集中
    給与の見直しのチャンス、労災の保証、スタッフ旅行(国内・海外行先)、研修の機会、制服の提供などをご用意しています。資格に応じた手当も設けております。
Result

過去に手掛けた工事の実績まとめ

ウレタンの防水技術を活用し、防水シートや特殊塗料で防水したり、内部の改装に関しては、部屋の区切りの変更やフロアの更新などを主に手掛けています。
Blog

ニーズに合わせたプロの技術を提供

ゴミ屋敷対応から外壁・内装の改装をお届けします。長寿命時代の住まいを最適に保つための、実践的な情報を日々更新し、皆様の賢い選択をサポートしてまいります。

Blog
Company

家のメンテナンスはプロにお任せ

株式会社ライフ・クリエイション

住所

〒225-0004

神奈川県横浜市青葉区元石川町7513-4

ライトマークスI 201

Google MAPで確認する
電話番号

045-532-6735

045-532-6735

FAX番号 045-532-6736
営業時間

9:00~17:00

土日祝日でもお気軽にご相談ください

お客様専用ダイヤル

携帯:090-5537-8558

※こちらは、弊社のお客様専用の電話番号です、営業等のお電話は固定電話でお願い致します。

定休日

土日祝日

創業

2021年6月1日

資本金

2,000,000円

代表取締役

古庄 宏和

事業内容

スケルトンリフォームを主とするマンションリフォーム、及び、一戸建ての増築・改築・スケルトンリフォームを主とする戸建てリフォーム

アクセス

お客様の心の重荷を軽くするためのサービスを提供し、住まいの要望を真摯に受け止め、最善を尽くしています。横浜市にて外観の美化、快適な生活空間の提供に努めています。
Column

決断をするのに役立つプロの情報

改装に関する基本情報、予算の目安、提供プラン例など、お客様の参考となる情報を継続的に提供しております。
納得できるリノベーションのヒントとしてお役立てください。

  • 2024/03/02

    リフォームローン控除を活用する方法

    家をリフォームするときに受けられるリフォームローン控除。しかし、どうやって活用すればいいのか迷っていませんか?この記事ではリフォームローン控除の基本から、具体的な手続き方法まで詳しく解説していきます。
  • 2024/03/01

    リフォーム事例で新しい生活をイメージ!

    新しい自宅のリフォームを検討中の方は、多くの事例を見て理想的な生活をイメージすることが大切です。この記事では、リフォーム事例を部位別に紹介し、リノベーションやリモデルのイメージを膨らませるヒントを提供します。
  • 2024/02/29

    リフォームを検討するあなたへ:相見積もりとそのマナーについて

    リフォームの相見積もりは評判や見積額を比較する大切なステップです。しかし、相見積もりのプロセスやマナーについてはあまり知られていません。この記事では相見積もりの重要性と効果的な進め方、さらにはマナーについて詳しく解説します。
  • 2024/02/28

    サイディング外壁:理解するための全情報ガイド

    この記事では、サイディング外壁に関する情報を詳しく解説しています。外壁リフォームのメンテナンス、さまざまな外壁材の特徴や種類、費用について具体的な方法や事例を交えて説明します。また、窯業系、木質系、金属、樹脂系といった各種外壁材の特徴も紹介します。
Q&A

過去に受けた質問をまとめて掲載

よく受ける疑問点を明瞭にお答えしています。
特に、外部や室内の変更に不慣れな方や不安がある方のために、改装やリノベーションの詳細なガイドをお伝えします。
Q スラブ下取り天井裏配管は更新できるの? スラブ下取り天井裏配管は更新できるの?
A

購入したマンションが『天井裏配管』だったら、ココだけは必須の確認事項。この機会を逃さず、入居前スケルトンリフォームで上階からの排水配管を更新しておく。築30年以上経過したマンションに多く見られるのが天井裏配管です。
5Fの住居のスケルトンリフォーム工事で水廻り天井を撤去したところ、同じ間取りの上階(6F)の排水配管からの漏水が認められました。このため、6Fの居住者の方に現場確認をお願いし、さらに弊社が仲介して、管理組合への対応を依頼すべく理事会宛に『漏水事故報告書』を提出しました。このため、管理組合も緊急理事会を開くことになり、理事の方々が、急きょ現場確認に訪れました。やはり、「百聞は一見に如かず」。
理事の方々も自宅と重ね合わせて、思いを巡らせていらっしゃいます。6Fからは階下(5F)の天井裏に排水配管が入っていて、必要なところでスラブ貫通して、設備機器につながっています。当時(1970年前後)の設備は、当然のことながら天井裏配管でした。この工法だと、どの方向にでも排水勾配がとれたので排水にとっては、天井裏配管というのは悪いことではありませんでした。
しかし、マンションの場合には、区分所有法によって、上下階の所有区分や共用区分を明確にする必要性から、1983年(昭和58年)の中高層共同住宅標準管理規約改訂以降は、共用部分と専有部分が明確にわけられて、配管設備そのものも、どちらかに位置づけられるようになってきました。
ところが、1970年代あるいは、それ以前に建てられたマンションでは、スラブ貫通の天井裏配管の管理分担は、管理組合によって、扱いが全く変わっています。
結局、この物件の事例では、5F天井裏の排水配管は、6Fの住戸所有者の専有部分として規定されていたため、漏水の補修工事費用は、6Fの居住者が負担することになりました。もっとも、今回は、5Fの方がスケルトンリフォームを施工する状況のなかで、漏水事故が発見できた為、6Fの方にとっては木工事や内装仕上げ工事などの費用負担が発生することなく配管更新についてのみ費用発生しただけで処理することができました。

Q アルミサッシは変えられるの? アルミサッシは変えられるの?
A

1980年当時、分譲マンションが、大量に建設されました。

管理規約で定められた、大規模修繕計画の内容は、主に10~20年以内で行うべき外壁・屋上防水や外部鉄部の塗装と、20~25年以内で行うべき、給排水の縦配管更新などが共用部のメンテナンス工事として計画されました。

しかし、各住戸のサッシについては、アルミは腐食しないという観点から、予算や工事時期については、明確に計上されてはいませんでした。ところが、築30年以上経過するとアルミサッシといえども、枠の腐食や歪みにより扉の開閉不良が起こってきます。

この時点で、戸車の交換や開閉調整といった一時的な処置で延命するのか、費用をかけて交換をするのか、検討が必要となります。しかし、サッシ交換の工事費用が、修繕積立金で留保されているケースは非常に少ないのが現状です。

したがって、一時拠出金として、各住戸から徴収して費用充当せざるを得なくなりますが、全住戸の合意を得ることが難しく結果的に交換工事を見送るケースも多くなります。 一般的にバルコニーサッシは、区分所有法上では共用部とされているため、リフォーム工事では交換出来ないと思われています。しかし、上記のような理由から大規模修繕での改修工事もなかなか進まないケースがほとんどです。

そこで、管理組合に適正な施工方法や外観が変わらない仕様を明記して申請し、個別リフォームでサッシ交換を行うことも可能です。

Q マンションの間取りはどれも似ていてつまらないと思っています。 マンションの間取りはどれも似ていてつまらないと思っています。
A

リノベーション東京では、グッドデザイン賞を受賞した建築士が在籍しています。

他社とは違うプランやデザインを得意としています。 是非、設計デザインをお申し込みください。

Q スケルトンリフォームだと間取りは自由に変更できるの? スケルトンリフォームだと間取りは自由に変更できるの?
A

既存の間取りにあるパイプスペースなど、移動ができるものか、できないものか等により、間取りに制限が出てきます。

できる事とできない事を、竣工図を確認し、きちんとご報告いたします。その上でよりご希望に近いプランのご提案をさせていただきます。

Q リフォームするのは初めてなので、いろいろわからない事ばかりなのですが。 リフォームするのは初めてなので、いろいろわからない事ばかりなのですが。
A

大丈夫です。 リノベーション東京では、スタッフが細かく応対させていただきます。

ショールームにもご一緒して、お客様のご要望を代わりにお伝えしたり専門的な用語は、わかりやすい言葉に置き換えます。初めてのリフォームこそ、安心して任せられるしっかりした工事業者をお選びください。

Feature

特徴

  • 豊富な実績をもとに理想をサポート

    住まいの再生をテーマに、横浜市周辺にて夢を形にするリフォームをお届けしています。キッチンのリニューアルから、風呂場の改装、外壁の塗り替えや庭の手入れまで、プロの手にかかれば、新しい風が吹き込みます。